So-net無料ブログ作成

英国旅行(1) ---まずは通信環境を確保--- [旅(外国)]

今回の渡英のハイライトは,なんといってもプレミアリーグ,とりわけ昔から好きなマンチェスター・ユナイテッドのホームゲーム観戦である。

ヒースロー空港に到着すると,トルコ航空の看板でユナイテッドの面々がお出迎え。ユニフォームがちょっと古いのはご愛敬。
IMG_2182.JPG

さて,現地に着いたらまずしておきたいのが通信環境の確保。

私が持ち込んだのはソフトバンクのiPhone 4,いわゆるSIMロック版ということになるのだが,かつてSBの社長は「SIMロックがかかるのは国内だけ,海外ではかからない」といっていた(はず)だし,日本にいるうちにカスタマーサポートにも電話して,海外ではSIMロックがかからない,つまり現地で調達したシムが使える,と確認していた(この一点を確認するだけのために電話をたらい回しされ,30分以上かかった)。

ということで空港内で早速SIMを購入。英国は他国と違いSIM購入に身分証明が必要ない。そんなわけで,SIMカードの自動販売機が空港内のいたるところに設置されている。そして「Pay As You Go」というプリペイド式のSIMカードを購入すれば使い過ぎも防げるし,チャージ(「Top Up」という)も容易である。
IMG_2186.jpg

購入したのは「3」(スリー)のマイクロSIM,10英ポンド(約1,200円)。
IMG_2194.JPG

早速ヒースローエクスプレス(ロンドン市街まで約20分と速い)の中で開封,装着。

が,しかし。

「無効なSIMです」だったか「不正なSIMです」だったかと出て,あえなく撃沈。ショックでその証拠写真は取り忘れた。

ソフトバンクの嘘つき!!!

やむなく海外定額サービスに接続しましたとさ。
IMG_2206.jpg

キャリア名が「Vodafone UK」となっているのがちょっと新鮮。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。